設立の背景・理念

Philosophy

01

弊社を設立した2022年当時、コロナ危機の影響の長期化に加え、資源・エネルギー価格の高騰、急激な円安の進行、サプライ・チェーンの分断等により、地域の中堅・中小企業の収益は悪化し、一刻も早い事業再生が求められる状況にありました。

02

他方、そこに至っていなくても各地の中堅・中小企業では経営者の高齢化が進み、既存の経営手法や社内人材のリソースにとらわれずに事業を継続、成長させる手段として、経営者の方々がいわゆる「事業承継」を具体的に検討する動きが高まっています。

03

こうした状況にある地域内の企業の経営基盤の強化と持続的な成長のためには、事業成長を可能にする経営資源(資金・ノウハウなど)を機動的に供給する存在が必要不可欠であり、ここにエクイティ・ファンドとしてのトパーズ・リージョナル・パートナーズ(TRP)の存在意義があります。

04

TRPは、地域の中堅・中小企業の企業価値向上に情熱を持ち、経営支援の豊富な知識・経験を有する弁護士・公認会計士・金融機関出身者・PEファンド出身者等のメンバーが、ノウハウとネットワークを活用し、当該企業・地域金融機関・公的機関等と緊密に連携を図りながら、「ハンズオン」で事業計画の策定・実行にコミットして取り組みます。

05

「地域企業の成長で、地域価値を創出」
TRPは、エクイティ投資を通じて、地域企業が事業性を向上させて将来にわたり持続的に収益を上げ、魅力的な雇用を創出する新たな可能性を提示し、地域の未来へと繋げる地域活性化を強力に推進します。

社名 トパーズ・リージョナル・パートナーズ
株式会社(Topaz Regional Partners Inc.)
代表取締 森 直樹
設立日 2022年7月4日
所在地 東京都千代田区有楽町1丁目7番1号 
有楽町電気ビルヂング北館8階
役員 代表取締役   森 直樹
取締役     松田 清人
取締役(社外) 野澤 康隆
事業内容 投資事業有限責任組合に対する出資、
管理及び運営

弊社は、日本のプライベート・デッドのパイオニアであるトパーズ・キャピタルのグループ会社としてスタートしましたが、2023年12月からは、独立したプライベートエクイティファンドとして活動しております。